はじめに

神経細胞の突起(軸索)の周囲は髄鞘と呼ばれる物質で覆われています.髄鞘と髄鞘の間にはランビエ絞輪と呼ばれるくびれがあります.髄鞘が絶縁体として働くことで,神経は電気信号(神経伝導)を効率よく伝えることができます.髄鞘は,中枢神経 (脳,脊髄,視神経)ではオリゴデンドロサイトという細胞が,末梢神経(脊髄から出た後の手足に伸びる神経線維)ではシュワン細胞が形成しています.

この髄鞘が炎症によって剥がされる病気を炎症性脱髄性疾患といい,髄鞘成分に対するアレルギー反応(自己免疫反応)によって病気が起こると推測されていますが,不明な点が多いのが現状です.

最近の研究によりランビエ絞輪部周辺に存在するneurofascinおよびcontactinという膜蛋白質に対する自己抗体が炎症性脱髄性疾患に関連していることがわかってきました.そこで私たちは,炎症性脱髄性疾患の患者さんの血液および髄液でneurofascin, contactinに対する抗体を測定することにより,その検査の有用性を確立していきたいと考えています.この研究により,炎症性脱髄性疾患と抗neurofascin抗体,抗contactin抗体の関連が明らかになれば,当該患者さんに対するより適切な治療を提供できるとともに,新たな治療法・治療薬の開発に役立つと考えています.

 

※抗体とは、特定の異物にある抗原(目印)に特異的に結合して、その異物を生体内から除去する分子です。 抗体は免疫グロブリンというタンパク質です。 異物が体内に入るとその異物にある抗原と特異的に結合する抗体を作り、異物を排除するように働きます。 私たちの身体はどんな異物が侵入しても、ぴったり合う抗体を作ることができます。一方で、ヒトの体は誤って「自分の身体の組織を攻撃してしまう抗体」を作製してしまうことがあります。これを自己抗体といい、これにより引き起こされる疾患を総称して「自己免疫疾患」と呼びます。

 

対象

この研究では,炎症性脱髄性疾患(慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー,ギラン・バレー症候群,多発性硬化症,視神経炎,中枢末梢連合脱髄症,その他の炎症性脱髄性疾患)のため,

平成7年1月1日~平成25年6月11日まで  (後ろ向き研究)

平成25年6月11日~平成33年3月31日 (前向き研究)

の期間に全国の神経内科医,小児神経専門医を受診した患者さんが対象となります.また対照群として健常者や髄液検査が正常であった他疾患の方も対象となります.目標人数について慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチーは500 例 (前向き研究:450 例,後ろ向き研究:50例),その他の疾患は各100例 (前向き研究:60 例,後ろ向き研究:40例)の患者さんを対象とする予定です.対象者となることを希望されない方は,下記連絡先までご連絡下さい.

 

研究内容

対照者,各症例の血清,血液浄化療法で除去された血液成分,髄液を使って,免疫学的手法で,抗neurofascin抗体,抗contactin抗体の量と機能を測定し,カルテに記載されている臨床情報と併せて分析を行います.※2017年5月30日現在、抗contactin抗体抗体の測定は準備中です。結果報告の時期を確約することはできません。

患者さんが受診した施設に血清,血液浄化療法で除去された血液成分,髄液が残っている場合はそれを利用させて頂きますので,患者さんに日常診療以外の余分な負担が生じることはありません.

血清,血液浄化療法で除去された血液成分,髄液がない場合は,患者さんに研究の概要を説明し同意を得た後に,臨床情報の提供を受けるとともに約 10 mlの採血を行います.髄液は,他の目的で腰椎穿刺を施行する場合に,2 ml追加で採取させて頂きます.

確認させて頂く臨床情報:施設名・診療科名、症例患者の性別、症例患者の生年月日、症例患者の居住地、臨床診断、初発症状、発症時期、貴施設初診年月、最終診察年月、発症の誘因、発症初日からピークまでの日数、臨床経過、全経過中の神経症候(全身痙攣、精神症状、視力障害、その他の脳神経障害、運動麻痺・筋力低下、筋萎縮、下垂足、呼吸障害、歩行障害、小脳性運動失調、振戦、腱反射異常、病的反射、表在感覚障害、深部感覚障害、異常感覚、膀胱直腸障害、ピーク時・回復時の Hughes functional scale)、血液検査(HbA1cCRP、甲状腺機能、抗核抗体、M蛋白、リウマチ因子、抗ガングリオシド抗体、抗AQP4抗体、抗SS-A抗体、抗SS-B抗体、MPO-ANCAPR3-ANCA)髄液検査(髄液蛋白、髄液細胞数、オリゴクロナールバンド、IgG index)、頭部MRI画像所見、脊髄MRI所見、腕神経叢・頸部近位部末梢神経の肥厚の有無、腰仙骨神経叢・近位部末梢神経の肥厚の有無、馬尾病変の有無、視覚誘発電位所見、神経生検所見、神経伝導検査所見、鑑別疾患 治療内容、転帰(最終診察時)、発症前の既往

また,同抗体が陽性であった患者さんについては可能な限り定期的(およそ1回/3か月)に採血と臨床情報の収集を行い,抗体価の推移と病勢に相関があるか確認させて頂きます.また,その他の理由で髄液検査を施行する際には2 ml追加で採取し抗neurofascin抗体,抗contactin抗体を測定させて頂きます.

更に詳細な研究計画及び研究の方法に関する資料を入手されたい場合は,下記連絡先まで御連絡ください.

連絡先:〒812-8582
福岡市東区馬出3-1-1

電話:092-642-5340  神経内科学医局 緒方 英紀

E-mail:shinkein@neuro.med.kyushu-u.ac.jp

 

個人情報の管理について

個人情報漏洩を防ぐため,九州大学大学院医学研究院神経内科学分野においては,個人を特定できる情報を削除し,データの数字化,データファイルの暗号化などの厳格な対策を取り,第三者が個人情報を閲覧することができないようにしております.また,本研究の実施過程及びその結果の公表(学会や論文等)の際には,患者さんを特定できる情報は一切含まれません.また,この研究の成果を発表したり,それを元に特許等の申請をしたりする場合にも,あなたが特定できる情報を使用することはありません.

御本人さんから個人情報の開示を求められた場合は,保有する個人情報のうちその本人に関するものについては開示させて頂きます.

この研究において得られたあなたの血液,髄液,臨床情報は原則としてこの研究のために使用し、研究終了後は、九州大学大学院医学研究院神経内科学分野において同分野教授 吉良 潤一の責任の下、通常試料は5年間,臨床情報は10年間保存した後、研究用の番号等を消去し廃棄します.しかし,この研究で得られたあなたの血液,髄液や測定結果,カルテの情報等は,将来計画・実施される別の医学研究にとっても大変貴重なものとなる可能性があります.そこで,可能であれば前述の試料,データを保存し,将来新たに計画・実施される医学研究にも使用させていただきたいと考えております.これを「データの二次利用」といいます.なお,データの二次利用を行う場合には,改めてその研究計画を倫理審査委員会において審査し,承認された後に行います.二次利用に同意されない場合は,下記連絡先までご連絡ください.

 

医学上の貢献

この研究により,炎症性脱髄性疾患と抗neurofascin抗体,抗contactin抗体の関係が明らかになれば,将来,あなたの病気のさらなる治療法,治療薬の開発に役立つと考えています.また抗neurofascin抗体もしくは抗contactin抗体が陽性の場合は,より適切な治療方針を提供できる可能性があります.

 

研究期間

研究を行う期間は承認日より平成33年3月31日までです.

 

研究機関

研究責任者: 医学研究院 臨床医学部門神経内科学分野 教授 吉良 潤一

研究分担者: 九州大学病院 神経内科         講師 山﨑 亮

九州大学病院 神経内科          医員 緒方 英紀

 

連絡先:〒812-8582
福岡市東区馬出3-1-1

電話:092-642-5340  神経内科学医局 緒方 英紀

E-mail:shinkein@neuro.med.kyushu-u.ac.jp